老前整理とは


 





 老前整理とは、老いる前に一度身の回りを見直し、これからの暮らしを考えてもの

の整理と共に頭の整理をすることです。

 これは老いに備え、安全で快適な暮らしの準備をすることであり、ひいては「自分

がどう生きるか」につながります。

 ただ、ものを捨てれば良い、処分すれば良いということでは解決になりません。

 そこにはひとりひとりの歴史や思い出が詰まっているからであり、例え家族でも立

ち入ることは難しいからです。

 そこで、元気なうちに、体力のあるうちに、もう一度暮らしを見つめなおし、どう

いう生活をしたいかを考えた上で、モノの要・不要を自分で判断し、身軽になること

が、精神的に豊かな老後を迎える準備になるのではないでしょうか。

 大切なのは誰かのためでなく、これからの「自分のため」ということです。

 定年や子どもの独立など、節目を迎えたときに今までの暮らしをリセットし、これ

からの暮らしを考えませんか。


老前整理を始める動機

 老前整理をはじめる動機で、いちばん多いのは「余計なものを処分してすっきりし

たい」というものです。

これはもっともな話で、たとえ老前整理でなかったとしても、ものを片づけてすっき

りしたいという人は多いものです。

 次に多い動機は、「自分が死んだときに、家族に残すものをわかりやすくしておき

たい」ということでした。

 三番目に多いのは、「使いたいものがどこにあるかわからず、探すのに時間がかか

ってしまう時がある」です。

 どれか1つでも当てはまるのなら、老前整理を始めてみませんか

『心と暮らしを軽くする「老前整理」入門』より                  













 


 老前整理は 気力、体力、判断力の三つが必要です。

 なぜこのような力が必要なのかと思われるかもしれませんね。

 第一の気力、これは「もの」の要・不要を決める、つまり何を処分するか「決断す

る」ことです。

「決断」と文字にすれば漢字二文字ですが、これがなかなか難しいのです。

「もったいない」とか「いつか使うかも」で、長年押入れや納戸に眠っているものを

手放すには、それなりの覚悟とエネルギーが要ります。

 これは考え方を変えるということでもあります。また思い出のある品を手放す

は、身を切られるようにつらいという人も多いでしょう。

 しかし、つらくてもこれからの暮らしを考える。つまり決断は新しい未来を切り開

ことにつながるのです。

 

 第二は体力です。ものを動かすには力が要ります。今は元気で重いものを持ち上げ

られるとしても十年後、二十年後はどうでしょう。

 持てなくなってからでは遅いのです。

 またひとり暮らしの人からよくご相談いただくのは、タンスや大きな家具を一人で

外に運び出せないということです。粗大ごみで決まった場所に出せば、市町村などの

自治体に手数料程度で持って行ってもらえるけれど、はたしてその場所まで運べるで

しょうか。

 一人でタンスを動かすとか、二階から大きな家具をおろすとか、とてもんでおられ

る人も多いようです。

 このようなひとり暮らしの老前整理について、もしかしたらわたしもいずれひとり

暮らしになる可能性があると思った方はありませんか。

 他人事ではなく、このようにわがことに引き寄せて考えられるのが、三つ目の力の

判断力です。認知症の心配ではなく、これから先のことを見通す力現状を客観的に

とらえられるかどうかです。

 人間は永遠に生き続けることはできません。つまり誰もが、少しずつ老いていくと

いうことで、それを受け入れられるかどうかです。

『老前整理の極意』より
                                                                        


あなたはどのタイプ

 ここで判断力について私が考えた3つのタイプを紹介します。皆さんは自分が

どのタイプに当てはまると思いますか。考えてみてください。

 設定―山に登っていて突然、上から小さな石ころがコロコロと転がってきたとします。


、「あれ、おかしいな、もしかしたら崖崩れか何かで大きな岩が落ちてくるかも

  しれない」と、すぐ安全な場所  に避難する。

、「これくらい平気平気、問題ない」と登り続け、ドドドと土煙を上げて落ちて  くる岩を見て、大変だぁ〜と慌て  て逃げる。

、小石どころか、岩が落ちてきているのにもかかわらず、「自分には当たらな 

  い」とたかをくくり登山を続け、痛い思いをしないとわからない。


 いかがでしたか。つまり判断力とは、小石が落ちてきた時点で危ないかもしれない

と考え、行動できる力です。

 また、片づけなければならない「ものの量」を登山の難易度だと仮定してみましょう。

 山は早めに登り始める方が楽なのです。なぜなら片づけるものが少ないからです。

 この山は現実の山と違って、先延ばしにすればするほど、より高くなり、ものは増

え、山の難易度は上がります。最後はエベレストになるかもしれません。

 エベレストになると単独登山は難しく、シェルパと呼ばれる山岳ガイドの助けが必

要になります。これと同じで、エベレスト級のものを片づけるには助けが必要になる

ということも頭に入れておいてください。

 『老前整理の極意』より