解消法は?



ものが増えた原因はストレスだった

 今、ストレスを感じていますかと問われたら、どう答えますか。ないという人は少

数派かもしれません。

 ではストレス解消法はどうでしょう。挙げてみると、食べる、のむ、買物、賭け

事、ほかには音楽を聴く、読書、旅行や山登りなどの趣味に没頭するなどがあるでし

ょう。

 50代の女性Jさんのストレス解消法は「買物」でした。

 ある日、洋服の整理を始めて、自分がどれだけたくさんの買い物をしたか驚いたそ

うです。

 押入れや段ボールの箱の中から、値札の付いた買ったことさえ覚えていない洋服や

下着、バッグが山ほど出てきました。

 必要だからでなく、買うことで仕事のストレスを解消していたのでそれなりの効果

はあったのでしょう。ストレスを「のむ」や「食べる」で解消していれば体を壊して

いたかもしれません。

 問題はストレス解消のために買い物をしていることに何年も気づかなかったことで

す。

 もし早めに気づいたら、他のストレス解消法を探せたかもしれないし、ものを買わ

ずに旅行にでも行ったのにと思ったそうです。

 Jさんが気づいたのはそのことだけではありません。ストレス解消のために買った

ものがあふれてそれが「片づけないといけない」という更なるストレスを生んでいた

のです。

 家族に「いいかげん何とかしたら」と言われると「仕事が忙しい」や「体調が悪い

から」と言い訳している自分にますますイライラする悪循環。

 なぜものがあふれているのか、それがストレスの結果であれば、家の中のものを処

分してもいずれまた同じ状況に陥ります。

 このことに気づいたJさんは悩んだ末、ストレスを解消するには仕事を辞めるしか

ないと早期退職をしました。

ものと同じでストレスも溜めこまない方がよいようです。


Kさんのストレス解消法は?

 50代のKさんは欠けたお皿や使わなくなった陶磁器類を箱に入れて溜めておきス

トレス解消に使うそうです。

 パート先の上司や家族、夫の両親などに腹が立った時にベランダのコンクリートの

上に新聞紙を敷きつめ、そこへ茶碗や皿を「○○の大馬鹿」とか「コンチクショウ」

と言いながらコンクリートに叩きつけるそうです。

 この時、ロックとかサンバなど賑やかな音楽をかけるとリズムに乗ってできると

か。

 想像するとこわいような、おかしいような気もしますが、ご本人いわく、これです

っとして気持ちを切り替えられるそうです。

 これをしないとうじうじ考えて、いつまでたっても気持ちの整理がつかず、引きず

ってしまうから。

 以前は買物をしたり、お酒を飲んだりしたこともあったけれど、ちっとも楽しくな

いしお金の無駄使いだと思ったそうです。

 また家族や友人に他人の悪口や愚痴をこぼすと、その時は良くてもあとで言わなけ

ればよかったと思うこともあるのでこの方法が後腐れがなくて一番だそうです。

 食器を割ることを思いついたのは偶然で、たまたまベランダで素焼きの植木鉢を移

動していた時に落として割ってしまった。

 その時の音と感触がよくて、試しに欠けたお皿を思い切りコンクリートにぶつける

と気持ちがいい。しかし使っているものを割ることはできません。

 そこでガラスのコップやお茶わんなど欠けたりひびが入ったものは箱に入れて溜め

るようになりました。コンクリートにぶつけた破片は新聞紙を敷いてあるので処分も

簡単です。ストレス解消法も人それぞれですね。

『転ばぬ先の老前整理』より



問題別取り組み方



・なぜ片づけられなかったか⇒理由

・50歳からの暮らしを創造する ⇒老前整理のナッジA(自分史年表)

・家族のコミュニケーション⇒老前整理だからできる

・このままではものは増えるばかり⇒なぜ老前なのか

・未経験の老いることへの対策⇒老いを受け入れる

・「いつかやろう」を解決する⇒老前整理のナッジ@(カレンダー)

・安全について⇒暮らしと安全

・災害について⇒災害への備え

・ひとり暮らしになったら⇒老前整理をするために

・子どもたちに託すこと⇒仏壇や墓のこと

・子どものいないご夫婦⇒2人で今後の計画を立てる

・高齢の親の家の片付け⇒ゴミ屋敷にならないか心配!

・親の介護中⇒介護をしている人ほど、自分を大切にしよう!

・家族の遺品整理は一筋縄ではいかない⇒「もの」の整理「心」の整理

・空家で困っている⇒実例紹介

         ⇒空家の相続問題⇒売った時の特例

体調がわるいとき焦らない

男性の老前整理はじめの一歩

ストレスに気づく解消法は?