子どもたちに託すこと


仏壇や墓をどうすればいいの?

 子どもたちは都会で結婚してローンで家を買い、子育てをしながら懸命に働いている。

 故郷では母親がひとり暮らし。「それ、うちのこと?」と思う人も多いかもしれません。

 この母親が老前整理を始めて気がつくこと。ものは捨てられるけど、先祖の墓や仏壇はどうすればよいのかわからない。

 自分があの世へいったら家や墓、仏壇はどうなるのか。この問題で夜も眠れないという80代の女性がありました。

 またこの相談をする人に共通するのは、まわりの人に相談できないことでした。

 もちろん日々の暮らしのことは話せるでしょう。しかし墓や仏壇については近所の人や親せきにも話しにくい。言えば、息子や娘に地元へ帰ってもらえと言われそうだがそんなことは子どもには言えない。

 盆や正月に帰省してもゆっくり話もできない。かといって、いずれは帰ってくるのかと尋ねて「帰らない」という答えを聞くのがこわい。

 親がこうした不安を抱えていることを子どもは知っているでしょうか。

 うちの親はまだまだ元気だからと思っているかもしれません。もし定年後は故郷で暮らそうと思っているなら、早く知らせておくことです。

 逆に定年後も故郷に帰らないならば、墓や仏壇ひいては家のことをどうするか家族で話し合ってください。

 墓の場所を移すことや墓じまいについてはお寺に相談すればよいですし、ゆくゆくは都会で親と一緒に暮らそうと思っているのなら、その計画を話す。

 この場合、当然親の同意も必要です。お互いの希望を伝えたうえで、できることを一緒に考えてください。

 親が病床になってからでは聞けません、帰省が良い機会です。縁起が悪いと思わず、親が元気なうちに話し合っておくことが備えであり、お互いの生活設計を具体的に考えることになるでしょう。

『転ばぬ先の老前整理』より                                                                        


問題別

・なぜ片づけられなかったか⇒理由

・50歳からの暮らしを創造する ⇒老前整理のナッジA(自分史年表)

・家族のコミュニケーション⇒老前整理だからできる

・このままではものは増えるばかり⇒なぜ老前なのか

・未経験の老いることへの対策⇒老いを受け入れる

・「いつかやろう」を解決する⇒老前整理のナッジ@(カレンダー)

・安全について⇒暮らしと安全

・災害について⇒災害への備え

・ひとり暮らしになったら⇒老前整理をするために

子どもたちに託すこと仏壇や墓のこと

・子どものいないご夫婦⇒2人で今後の計画を立てる

・高齢の親の家の片付け⇒ゴミ屋敷にならないか心配!

・親の介護中⇒介護をしている人ほど、自分を大切にしよう!

・家族の遺品整理は一筋縄ではいかない⇒「もの」の整理「心」の整理

・空家で困っている⇒実例紹介

・体調がわるいとき⇒焦らない

・男性の老前整理⇒はじめの一歩