50歳からの暮らしを創造する


老前整理はこれからの生き方、暮らし方を考えないとものの整理はできません。なぜ

なら、目的地(どのよう暮らしがしたいか)が決まらないと、どの道を行くか決めら

れないのと同じです。




棚おろしと自分史年表

 お店で棚おろしというと、店に並んでいる商品、倉庫にある在庫の数を確認する

とが手はじめですね。

 そこにあるものは、自分とどういう関係にあるのか。どうしてこれを保管したの

か、どのような思い出がそこにあるのか。

 本当に使えるものなのか、使えないならばなぜこれを置いているのか。一つひとつ

のものに向き合い、仕分けていくことが必要になります。

 なぜ片づけないといけないのかも、この前に問う必要があるでしょう。

 自分には片づけなんか必要ないとおっしゃる人もいます。片づかないとどうなるか

を考えて、問題になりそうだと思わなければ、なかなか行動を起こせません。

 そこでまた仕分けの話に戻ります。一つひとつのものについて、本当にこれが必要

か、これから使うことがあるのか、着ることがあるのかで選別していきます。多くの

ものは過去の思い出につながっています。

 どこから手をつければよいかわからんないという人には、仕分けをやりやすくし、

心の整理にもつながる自分史年表の作成をお勧めすることにしています。

 そこでまず自分の棚おろしです。

 自分の人生を振り返って見ると、忘れていたこと、やりたいこと、大切にしたいも

のなど、気づきがあります。

 振り返るといっても、頭の中だけでは進まないので、思い出す手助けをしてくれる

のが自分史年表です。

 書き込んでいくことにより、やりたいこと、必要なものなど、頭の整理もできま

す。

[老前整理のナッジA] 自分史年表



問題別取り組み方 


・なぜ片づけられなかったか⇒理由

50歳からの暮らしを創造する 老前整理のナッジA(自分史年表)

・家族のコミュニケーション⇒老前整理だからできる

・このままではものは増えるばかり⇒なぜ老前なのか

・未経験の老いることへの対策⇒老いを受け入れる

・「いつかやろう」を解決する⇒老前整理のナッジ@(カレンダー)

・安全について⇒暮らしと安全

・災害について⇒災害への備え

・ひとり暮らしになったら⇒老前整理をするために

・子どもたちに託すこと⇒仏壇や墓のこと

・子どものいないご夫婦⇒2人で今後の計画を立てる

・高齢の親の家の片付け⇒ゴミ屋敷にならないか心配!

・親の介護中⇒介護をしている人ほど、自分を大切にしよう!

・家族の遺品整理は一筋縄ではいかない⇒「もの」の整理「心」の整理

・空家で困っている⇒実例紹介

         ⇒空家の相続問題⇒売った時の特例

・体調がわるいとき⇒焦らない

・男性の老前整理⇒はじめの一歩

・ストレスに気づく⇒解消法は?