これを片づけたい8       

             【手紙・日記】



トラブルにならないように

                         

 年賀状は「何年保管すればよいですか」という質問をいただきますが、手紙にこの

ような質問はありません。この差を考えると、手紙は残しておきたいものとそうでな

いものがはっきりしているからでしょう。そして大切な手紙はずっとしまいこまれて

いるようです。

 2017年1月に、坂本龍馬が暗殺される直前に後藤象二郎に送ったとされる手紙

の草稿が見つかったとニュースになりました。

 しかし龍馬と違い、多くの人の手紙は他人にとり価値のないもので、不用意に残し

ておいたがゆえに思いがけないトラブルの元になることがあります。

 夫が亡くなり、遺品整理を始めた妻が見つけたもの。それは夫の書斎の机の引き出

しの奥に保管していた、妻と結婚する以前の彼女からのラブレターでした。

 これを読んで妻が夫と同じ墓に入るのは嫌だと言い出した例があります。

 この話をどう思われますか。50年も前の手紙を後生大事にしまっておくなんて信

じられないと思う人。

 わかるなあ、若いころの思い出は大切だという人。

 そんな手紙を残しておいた夫が無神経で早めに処分しておくべきだったという人。

 妻と結婚する前の手紙なのだから騒ぎ立てる妻の方がおかしいと思う人。夫は手紙

の存在を忘れていたのではないかと思う人。

 見かたはいろいろあるでしょう。

 ただこのように昔の手紙でもトラブルが起こる可能性があるということを知ってい

ただきたいと思います。

 とはいえ、手紙を書く人は減っています。パソコンや携帯のメールならば何十年も

残っている可能性はないでしょう。

 残るからトラブルにもなるけれど、かけがえのない大切な思い出なのかもしれませ

ん。古い手紙の束も、一度見直してみてはどうでしょう。


考えておきたいこと

 人に見られたくないものはなんでしょう。日記や手紙でしょうか。

 日記にまつわることについて今までにいくつか相談を受けました。

 70代のひとり暮らしの女性Aさんが、自分がいなくなった時に、日記を見られた

くないがどうすればよいかという話。

 これは箱にでも入れて、蓋にこのまま廃棄処分にしてくださいと書いておき、ご家

族、ご親戚にその旨を伝えておくかでしょう。しかし、確実とはいえません。本当に

読まれたくないのであれば、早めに処分しておかれるのが間違いないでしょう。

 次は日記を残された立場です。40代の女性Bさんの悩みは亡き父親の日記で、押

し入れの奥に眠っています。

 Bさんにすれば、父親のものだから中を見ずに処分はできない。けれど仕事が忙し

く、段ボールの箱は夫の転勤の度にそのまま運んでいます。

 そこで、Bさんに尋ねました。「引っ越しのどさくさに紛れて、日記の入った箱が

行方不明になったらどうしますか。必死で探しますか」

Aさんは少し考えて、「探しません。多分、ほっとすると思います」

 また50代の男性Cさんは妻や娘には見せられないコレクションをどうすればよい

か悩んでおられました。

 自宅以外の場所に保管してあるそうです。万が一自分に何かあった時に、これを見

られたらと心配しておられました。

 これは正直に家族に話すか、信頼できる友人に頼んでおくか、その時はその時と開

き直るかでしょう。

 またこれからはパソコンの中にも見られたくないものがあるかもしれません。

このように、万一の時に見られて都合の悪いものは何かということを考えておいた

方が良いかもしれません。

『転ばぬ先の老前整理』より                                                                 




【 これを片づけたい もの別 】

 これを片づけたい1⇒アルバム

 これを片づけたい2⇒来客用の布団

 これを片づけたい3⇒食器の整理

 これを片づけたい4⇒来客用の高級食器

 これを片づけたい5⇒人形が捨てられない

 これを片づけたい6⇒レコートやビデオ

 これを片づけたい7⇒記念品

 これを片づけたい8⇒手紙・日記

 これを片づけたい9⇒きもの

 これを片づけたい10⇒本を手放すには