なぜ、片づけられなかったのか


理由

 老前整理を始めた100人余りの方に、なぜ片づけられなかったかについて、次の10の答えを用意してその中で当てはまるものはどれかと訊ねました。



1・どこかで現状のままで構わないと思っている

2・片づけ方がわからない

3・片づけの本を読んでも、行動がともなわない

4・体調不良である

5・まだ使えるから捨てるのはもったいない

6・捨てると後悔しそうなので、とりあえずとっておく

7・忙しくて時間がないから、決断を先延ばしにしている

8・めんどうくさい

9・自分には無理だと思っている

10・その他



 一番多かったのは「捨てると後悔しそうなので、とりあえずとっておく」でした。

 次が「片づけの本を読んでも、行動がともなわない」です。

 そうそうわたしもとおっしゃる方も多いのではありませんか。ダイエットも似ているところがあると思いませんか。

 本を読んだだけでは痩せないし、片づかない。頭でわかるだけでなく、それを行動に移せないと問題は解決できないようです。

 三番目が「忙しくて時間がないから、決断を先延ばしにしている」でした。

 このアンケートに答えていただいた方々は、老前整理をしようと行動を起こされたわけですから、「整理をしよう」という意識の高い人たちだと言えます。

 その人たちでさえ、やはり障害になっているのが「まだ使えるものだから」という理由です。人はなかなかものを捨てられないということがよくわかります。ものは増やすより減らす方が難しいことが、お分かりいただけたでしょうか。 『心と暮らしを軽くする『老前整理』入門』より  

 この質問に対するなぜのいくつかが行動経済学でわかります。


 行動経済学と老前整理1  行動経済学との出会い

 行動経済学と老前整理2  ものを手放せないのはなぜ?

 行動経済学と老前整理3  心理学と経済学がなぜつながるの?

 行動経済学と老前整理4  無料に弱い!と気づいてました?

 行動経済学と老前整理5  ナッジ(nudge)をどうとらえるか

 行動経済学と老前整理6  ものが増える原因

 行動経済学と老前整理7  老前整理の鉄則を行動経済学からみると

 行動経済学と老前整理8  「捨てられない」心理

                                                                            


問題別

なぜ片づけられなかったか理由

・50歳からの暮らしを創造する ⇒老前整理のナッジA(自分史年表)

・家族のコミュニケーション⇒老前整理だからできる

・このままではものは増えるばかり⇒なぜ老前なのか

・未経験の老いることへの対策⇒老いを受け入れる

・「いつかやろう」を解決する⇒老前整理のナッジ@(カレンダー)

・安全について⇒暮らしと安全

・災害について⇒災害への備え

・ひとり暮らしになったら⇒老前整理をするために

・子どもたちに託すこと⇒仏壇や墓のこと

・子どものいないご夫婦⇒2人で今後の計画を立てる

・高齢の親の家の片付け⇒ゴミ屋敷にならないか心配!

・親の介護中⇒介護をしている人ほど、自分を大切にしよう!

・家族の遺品整理は一筋縄ではいかない⇒「もの」の整理「心」の整理

・空家で困っている⇒実例紹介

・体調がわるいとき⇒焦らない

・男性の老前整理⇒はじめの一歩